仕事・生活・趣味の一部の公開


by Jigenn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:耐震改修( 2 )

O神社耐震改修と幣殿増築工事が完了。
耐震改修は拝殿。
大正12年に造営された建物です。屋根瓦を葺き替え、屋根重量を半分にし、長手方向はステンレスブレース、
短辺方向は構造用合板で補強。地震時に隅柱に多少の引き抜きが掛かるのでプレートで現基礎と緊結。
横滑りは無く特別な補強は無。既設外壁も傷みが激しく、羽目板も取り換えました。
b0008205_8121343.jpg

b0008205_8123862.jpg

増築部分の幣殿は本殿と拝殿の間に嵌め込む形の増築。
本殿と拝殿の軒内に収めた為、高さが取れなく梁をあらわしとした。
b0008205_8172693.jpg

b0008205_8174456.jpg

[PR]
by Jigenn.R | 2015-10-19 08:18 | 耐震改修

大井神社 耐震改修

近くの神社の耐震改修を依頼されました。耐震診断は在来木造と伝統構法とあり
もちろん伝統構法である。柱のサイズは150角と以外と細く完全な神社などの
伝統構法とは云えないかもしれない。
刺し鴨居が無く、柱立てと足固めと梁で組み上げられてある。昭和初期の竣工で
今までにも何回かは地震に遭遇しているものの、短編方向に歪んでいるのみで
持ちこたえてきた。所謂計算外の耐力で耐えてきたのと判断できる。
改修方法はいろいろ検討した結果、上部は構造用合板で固め、
下部は鉄骨と基礎 根がらみで固め、水平方向は火打ちを入れ補強する方向で検討する。
現在の本葺き屋根瓦を桟瓦葺きに変更予定であるので屋根重量は半減し、
地震に対してかなり有利に働く。予算に余裕があれば制振ダンパーを設置する予定。
b0008205_8252040.jpg

[PR]
by Jigenn.R | 2014-07-02 08:25 | 耐震改修